2012年10月31日

2012-10

2012年10月。○ノーベル賞の秋。
2012年10月8日、
山中伸弥・京都大教授の医学生理学賞受賞決定により、
日本のノーベル賞受賞者は19人になりました。

日本人の受賞者を受賞年順に書き出しますと(敬称略)


1949年(昭和24年)『物理学賞』湯川秀樹

1965年(昭和40年)『物理学賞』朝永振一郎

1968年(昭和43年)『文学賞』川端康成

1973年(昭和48年)『物理学賞』江崎玲於奈

1974年(昭和49年)『平和賞』佐藤栄作

1981年(昭和56年)『化学賞』福井謙一

1987年(昭和62年)『医学生理学賞』利根川進

1994年(平成6年)『文学賞』大江健三郎

2000年(平成12年)『化学賞』白川英樹

2002年(平成14年)『物理学賞』小柴昌俊
         『化学賞』田中耕一

2008年(平成20年)『物理学賞』小林誠、益川敏英
         『化学賞』下村脩

2010年(平成22年)『化学賞』鈴木章、根岸英一

2012年(平成24年)『医学生理学賞』山中伸弥


今年は突如現れた妄想癖・虚言癖のある人が、
ニュースのトップ項目だったのは記憶に新しいところ。
日本人のノーベル賞受賞者は何人でしょう?というのが、
クイズの問題に良くあったけれど、
すらすら答えられる方・・・たくさんいらっしゃるんでしょうね。




○猛スピードの秋。
記録的な残暑・猛暑・酷暑の2012年でしたが、
あっという間に秋になり一気に寒くなり山は紅葉に染まり、
雪虫が・・・。
札幌の初雪は平年では10月28日(?)だったそうで、
だとするといつ雪が降っても不思議ではないわけです。
いきなり根雪になるわけじゃないし。
でも長い夏だったわりには冬は平年どおり・・・って、
ちょっと不公平と言うか何と言うか・・・。




○節電の冬。
冬の北海道での計画停電は大げさじゃなく死人が出ます。
家庭での節電を・・・と言われても、
日が短くなる季節ですから照明は欠かせないし、
トイレやお風呂の脱衣所の暖房も身体のためには大事。
暖房の設定温度を下げると灯油代は減りますが、
ファンは同じように回っているので電気代は変わらない。
夏と同じというわけにはいかないでしょうねぇ、どう考えても。
だからと言って泊・・・。
大間は論外だし。




○健康診断の秋
半年に一度の持病の簡易検査。
結果次第では北大で診察となるところでしたが、
今回は無事クリア。
北大行きは来春です。
会社の健康診断の結果は半月後に出ます。
またコレステロール値あたりが・・・??
【関連する記事】
posted by sannkeneko at 15:45| 月々の備忘録…のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。