2011年08月28日

「マークスの山」第5話(最終話)

連続殺人事件の結末。
"MARKS"のその後。
第5話(最終話)ネタバレです。
連続ドラマW「マークスの山」オリジナルサウンドトラック連続ドラマW「マークスの山」オリジナルサウンドトラック
澤野弘之 TVサントラ
レジェンドア
by G-Tools
連続殺人の容疑者として指名手配になった水沢が
"マークスの秘密"を買えと根来に連絡してくる。
編集長の滝沢は反対するが根来は独断で水沢との接触を試みる。
特捜部による贈収賄疑惑の捜査と
マークスの脅迫に疲れ果てた佐伯は、
林腹に電話で弱音を吐くが、
返ってきたのは思いがけない言葉だった。
加納ら地検特捜部が佐伯建設に家宅捜索に入ったが、
佐伯は自ら屋上から飛び降りる道を選んだ。

根来と接触を試みた水沢は自分を付け狙う男を返り討ちに。
た水沢は根来を尾行してきた警察に気付くと逃走、
手紙は警察の手に渡る。
手紙は病気を苦に自ら命を絶った浅野の手に依るもので、
"20年前の事件の真相"と"マークスたちの秘密"の告発書だった。

林原の妻は潜伏していたホテルからひとりで逃げ出し、
合田たちは身柄を確保する。
"マークス"から脅迫を受けていたとする彼女の告白書を元に、
合田と吾妻は林原への聴取を行う。


水沢(高良健吾)が根来(小西真奈美)に要求した30万が
真知子(戸田菜穂)の入院費用に宛てるつもりだったとか、
"ネグレスト""ひとりで雪山を彷徨った恐怖"に"暗い山"。
可哀相に・・・気の毒に・・・とは感じつつ、
合田(上川隆也)、森(袴田吉彦)、佐野(大杉漣)らの
北岳の水沢追跡劇が滅茶苦茶に貧相。
クライマックスがこれ~( ̄ο ̄)とガッカリしていたら、
林原(小日向文世)です、林原

神経が参っている佐伯(佐野史郎)に"消えてくれ"と言い放ち、
林原死亡のニュースにテレビを振り返ることもなく、
平然と食事を続ける林原。
・・・このシーンは怖かったです。
林原妻がホテルの部屋から逃げ出す理由は原作とは異なります。
でも佐伯の死に驚くでもなく顔を上げることもない夫の背中。
・・・彼女が逃げ出したくなる気持ちは判る。
木原(升毅)の病室から引きずり出された林原。
これに浅野(山崎一)の告発書の行方と
ドラマオリジナルのエピローグですが、
何せ小日向さんが強烈過ぎて(苦笑)。

原作とは違うけれどでも満足度が高いドラマでした。
この顔ぶれでの「レディ・ジョーカー」も観たいです。

○合田雄一郎(上川隆也)
○加納祐介(石黒賢)

○根来麻美(小西真奈美)

○水沢裕之(高良健吾)
○高木真知子(戸田菜穂)

○林原雄三(小日向文世)
○佐伯正一(佐野史郎)
○木原郁夫(升毅)
○松井浩司(矢島健一)
○浅野剛(山崎一)

○吾妻哲郎(甲本雅裕)
○森義孝(袴田吉彦)
○有沢三郎(葛山信吾)

○須崎靖邦(小木茂光)
○林省三(螢雪次朗)

○岩田幸平(石橋蓮司)
○佐野国男(大杉漣)

○小杉朋久(嶋田久作)
○滝沢寛治(相島一之)

○加納貴代子(鈴木杏樹)
○林原美由紀(国分佐智子)

「マークスの山」この他のエントリーです。
第1話第2話第3話第4話
マークスの山 DVDコレクターズ・BOX (3枚組)マークスの山 DVDコレクターズ・BOX (3枚組)
上川隆也 石黒賢 小西真奈美 高良健吾
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
by G-Tools

マークスの山〈上〉 (新潮文庫)マークスの山〈上〉 (新潮文庫)
高村 薫
新潮社
by G-Tools

マークスの山〈下〉 (新潮文庫)マークスの山〈下〉 (新潮文庫)
高村 薫
新潮社
by G-Tools

レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)
高村 薫
新潮社
by G-Tools

レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)
高村 薫
新潮社
by G-Tools

レディ・ジョーカー〈下〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈下〉 (新潮文庫)
高村 薫
新潮社
by G-Tools
この記事へのコメント
こんばんは。
DVDになってたのですね。ご覧になれてよかったです。
原作を読まれていたら、違和感のあることも多かったでしょうが、
それでも楽しめる作品に作られていたなら何よりでしたね。

ただ、浅野の告白は、ここまで広がった謎の解決としては、
ドラマを時間内に収める手段のような気がしていましたが、やはりドラマのオリジナルでしたか。
あのくだりがちょっと物足りなく思いましたが、やっぱり、ですね。
個人的には、お目当ての高良くんが良かったので最後まで楽しんで観れました。
Posted by 悠雅 at 2011年08月28日 23:22
遅ればせながらDVDで観ました。
根来が女性であること、何故か貴代子が登場することは知っていましたが、
予想以上に脚色されていました。

>浅野の告白は、ここまで広がった謎の解決としては、
ドラマを時間内に収める手段のような気がしていましたが
加納から根来の手に渡った"告発書の行方"がドラマのオリジナル。
浅野の告発の内容・・・若き日の彼らの罪(隠し事)については
原作どおりなんです。

ただ、水沢の設定が全く違っていたのが何より驚きでした。
当然真知子の人物像も変わっきますし、
マークスもまた・・・。

原作の得たいの知れない怪物の水沢。
高良健吾が演じたらどうなるのでしょうね。
Posted by sannkeneko at 2011年08月29日 21:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400163185

この記事へのトラックバック

『マークスの山』最終話
Excerpt: 暗い山。。。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2011-08-28 23:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。